コラーゲン不足になる原因:紫外線やダイエット

美肌のためにコラーゲンが良いということはよく知られており、肌のためにコラーゲンサプリメントを摂取しているという方も多いと思います。
一方で、肌の調子は良いから必要ない、自分は男性だから必要ないと思われている方も多いと思います。

しかし、コラーゲンは、肌はもちろん、内臓や骨、関節や軟骨など、体の大部分を構成している大切なたんぱく質なのです。
誰であっても、体の為にコラーゲンは必要なのです。

コラーゲンは年齢とともに徐々に減っていくため、加齢により、コラーゲンが不足し、しわやたるみ、関節痛等の老化現象があらわれるようになりますので、コラーゲンサプリメント等で、補充してあげることが必要です。
また、最近では、生活習慣により、コラーゲンが不足することも多くなってきています。

まず、食生活の乱れや、ダイエットです。食事でとったたんぱく質が分解されたアミノ酸からコラーゲンは生成されます。その摂取したたんぱく質にコラーゲンが含まれていると、より効率的に生成されます。
こうした栄養素を摂取しないとコラーゲンの生成を妨げてしまいます。

また、肌のコラーゲンは紫外線を浴びることによって破壊されることもわかっています。
これらのコラーゲン不足を解消するためには、食品やコラーゲンサプリメントから効率よく摂取することが大切です。