コラーゲン不足になる原因:睡眠不足やストレス

ハリのある美肌には欠かせないのがコラーゲンです。
そんなコラーゲンの不足の原因は様々ありますが、睡眠不足やストレスもその一因と言われています。

副腎皮質からコルチゾールというホルモンが分泌されています。
このホルモンは糖代謝をはじめ、様々な代謝や免疫機能に関与している、生命維持に欠かせないホルモンです。

しかし、コルチゾールは過度なストレスを受けると分泌が増加、すると免疫力の低下ややる気の低下、記憶力の低下など様々な弊害をもたらすだけでなく、ハリのある滑らかな肌には欠かせないコラーゲンを破壊する作用もあるのです。

そうならないように普段から良質の睡眠をとり、ストレスをためこまない生活を送り、コラーゲンを多く含む食品を摂るのが理想です。しかし、それだけでは不足したコラーゲンはそう簡単には取り戻せません。
そこで取り入れたいのがコラーゲンサプリメントです。

毎日の食事でコラーゲンを摂るのもいいですが、含まれる食品は往々にしてカロリーが高い傾向にありますし、毎日では大変です。そんな時コラーゲンサプリメントなら、手軽に飲むだけで不足分のコラーゲンを摂取できますし、何より気になるカロリーも抑えることができます。

お肌のハリがなくなったなと思ったら、コラーゲンサプリメントを始めてみませんか。ハリのあるみずみずしい肌を取り戻せるかもしれませんよ。

コラーゲン不足になる原因:睡眠不足やストレス はコメントを受け付けていません。 コラーゲンについて