コラーゲンを多く含む食材って何?

コラーゲンは、肌のシワやたるみ、乾燥などを改善する美肌効果や関節の軟骨が少なくなるために起こる関節炎の予防改善効果、骨粗鬆症の予防などに効果があるもので、食品に多く含まれています。

コラーゲンを多く含む食材には、すっぽんやフカヒレ、牛すじ、豚足、手羽先、鶏軟骨、うなぎ、ヒラメやサンマ、サケ、スペアリブ、貝類やクラゲ、ナマコなどがあり、これらを煮込んで冷めると、水分がプルプルとゼリーのようになります。

これはゼラチン質に多くコラーゲンが含まれているためで、スープや鍋ものとして調理すると水分中に溶け出すので、汁ごと摂取すると余すことなく摂取することができ、より効果を得ることができます。

コラーゲンを多く含む食品は、一度にたくさん摂取するよりも、少しずつでも毎日継続して摂取し続けることが理想的ですが、脂質や塩分が多く、カロリーが高い食材に多く含まれていることが多いので、摂取しすぎると健康を害してしまう恐れもあります。
注意しながら毎日継続して摂取するようにしましょう!

食材から摂取したコラーゲンは、体内で新しいコラーゲン生成の材料になりますが、合成に必要な栄養素であるビタミンCや鉄、亜鉛などとともに摂取すると効果的です。