コラーゲンの成分と構造

コラーゲンは人の髪や爪の健康を支え、肌にハリを与えることでシワやたるみを予防すると、昔から注目されている成分になります。

皮膚や血管など、身体のあらゆる組織に存在するたんぱく質でありますが、人が持つたんぱく質の約30%がコラーゲンであるといわれています。
その内、約40%が皮膚に、約20%が骨や軟骨にあることが分かっていることから、コラーゲンは肌や骨の健康に役立つものとして広く知られるようになりました。

コラーゲンの構造は、アミノ酸が50以上結合したポリペプチド鎖というものが3本、らせん状に絡まった形をしています。
そのようなことから、髪や爪に肌、そして骨や膝の軟骨の健康を維持するためにはコラーゲンだけでなく、その元となるアミノ酸を摂り入れることも重要となります。

また、コラーゲンはたんぱく質でもあるため、アミノ酸が豊富なたんぱく質を摂取することも有効であるといえます。
これら有効成分が多く含まれた食べ物として有名なのが鳥の皮ですが、それ以外に豚骨スープや魚の煮こごりもよいとされています。

なかなか食べ物だけでは摂取が難しいと感じる場合には、市販の健康食品やサプリメントなどを上手に利用してみましょう。