コラーゲンと相性の良い成分や栄養素

鶏の手羽先や豚足に多く含まれるコラーゲンは、美肌に効果的な成分として知られていますが、特に、ビタミンC、鉄、亜鉛が相性のよい成分(栄養素)といわれています。

これは肌のコラーゲンを体内で合成するために、タンパク質に加えてこれらの栄養素が必要であるためで、肌をつくるために必要なタンパク質(アミノ酸)を効率良く摂取できるコラーゲンとともに、必要な栄養素をまとめて摂取することで肌のコラーゲン合成をスムーズに機能させることができるので、より高い美肌効果が期待できるというわけです。

また、ビタミンCは、メラニンの生成を抑制する働きや肌の老化を促進させる活性酸素を除去する働きがあるので、アンチエイジングや美白効果も期待できます。

一方、体中の細胞に酸素を運ぶ赤血球をつくるために必要な鉄は、肌の新陳代謝を正常に機能させるためにも重要な成分ですが、特に生理などの影響で女性が不足しやすいので、美容と健康のために積極的に摂取することが求められます。
亜鉛は、皮膚や爪、髪の毛などを正常につくられるようにするために必要なミネラルなので、美しい肌をつくるためだけでなく、健康的な髪の毛や爪を維持するためにも大切な成分といえます。

なお、ビタミンCを初めとした肌によいビタミン類は果物や緑黄色野菜、 鉄と亜鉛はレバー類に豊富に含まれているので、不足しがちな方はこれらの食品を積極的に食べることが大切です。

最近は美肌効果の高いコラーゲンとコラーゲンと相性の良いビタミン・ミネラルが一緒に配合されたサプリメントも販売されているので、食事だけで十分な栄養補給が難しい方は、こうした商品を利用してみてもよいでしょう。